アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

新しく店舗をオープンしたいと考えている方の悩みは、コストを抑える事です。
既にオープンをした店舗でも、リニューアルの際には、コストを抑えたいと考えます。
そのようなニーズに答える為に、様々なレジスターなどの店舗機器やPOSレジなどの店舗管理システムがあります。

■物販店用レジスターと飲食店用レジスターの違い
レジスターは一般的に、レジやキャッシュレジ、電子レジスターと呼ばれています。
主に売上の計算や数量を記録する機器となります。
物販店用のストロークキータイプと飲食店用のフラットキータイプがあります。
ストロークキータイプのレジスターは、部門ボタンを押すことで売上を計算するので、金額ボタンを押し、部門ボタンを押すことで売上を入力出来ます。
物販店用のレジスターは、フラットキータイプになっています。
フラットキータイプのレジスターには、ワンタッチキーというボタンが搭載されています。
このボタンに商品名と金額を登録します。
そして、ボタンを一度押すだけで、商品名と金額が入力され売上も計算されます。
レジスター本体にドロアという引き出しがあり、売上金を保管することが出来るのも特徴です。

■POSレジとは
売上の集計や在庫の管理などを記録したり、在庫状況を分析し受発注をしたりするシステムが入っているレジのことです。
一般的なレジスターの機能も付いていますが、更に、商品がいつ売れたのかなどの多彩な機能が追加されています。
システムとなるので、一般的なレジスターの中にセットとして入っているものが多いです。
最近では、無料POSレジというものがあり、パソコンにPOSレジのソフトウェアをインストールすることで、すぐにレジとして使えます。
これからレジを導入したいと考えている方やイベントなどの売上管理を考えている方に人気があります。
レシートなどを出力したい時は、レシートプリンターなどの周辺機器をパソコンに接続することで、簡単に出来ます。

購入方法

レジスターやPOSレジは、主に通販サイトで販売されています。
ほとんどが新品の状態で販売されていますが、中には中古のものを販売しているところもあります。
中古だと、新品のおよそ半分の価格で購入することができます。
安いものだと20万円くらいで購入することも可能です。
ただそのほとんどが少し前の型だったり、一部キズや色あせなどが見られることもあるので、購入前に状態の有無や型の年式などを把握しておくことが重要です。

レジスターやPOSレジは、多くのメーカーが製造、販売しています。
ほとんどのメーカーがサイトを設けているので、レジスターやPOSレジを購入する際はインターネットを利用し、製造メーカーの電話番号や注文フォームから注文を行ないます。
写真や型番、案内などを見てすぐに購入する前に、一度電話をかけ担当者と相談したほうが無難と言えます。
レジスターやPOSレジは種類も多く、形状や型番が似ているものがいくつもあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。
注文は、電話やファックスを通して行なうことができます。
注文が済み、お金の支払いが済んだらあとは商品を待つだけです。
大体3日~1週間で商品が届きます。

オススメリンク

飲食店や物販店で人気のあるPOSレジは機能が異なるから比較が必要。メーカーや製品の特徴を知って賢く選んでみよう。

レジを購入するならこちらでさまざまな種類を取り扱っていますよ|マサキストア